財産と借金、どちらが多いかすぐにはわからない場合

Q:事業をしていた父が亡くなりました。土地や建物、預金などの財産があるのですが、借金も相当あったようです。調べていますが、3か月以内に調査が終わりそうにありません。
  どうすればいいでしょうか?

A:家庭裁判所に、「相続の承認又は放棄の期間伸長の申立て」をする必要があります。
  これによって、相続放棄をするかどうかの結論を先延ばしにすることができます。
  ぜひ、お早めにご相談ください。


当事務所では、遺言・相続・後見の相談は無料です。
まずは、お気軽にお電話ください。

TEL 0436−42−2755

▲このページのトップに戻る